育毛シャンプーは効果なし?TOP » 育毛・発毛効果のある成分ガイド » グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウム

育毛や発毛に効果があるとされている成分、グリチルリチン酸ジカリウムについて解説しています。

炎症を防いで髪を生えやすくするグリチルリチン酸ジカリウム

最近の育毛剤、とりわけ国内の製品に配合されていることの多いグリチルリチン酸ジカリウム。なんだか物々しい名前の成分ですが、どういった効果のある成分なのでしょうか?

育毛や発毛に直接効果があるというわけではなさそうなのですが、育毛剤に配合されているということは何か理由がありそうですね。ここでは、多くの育毛剤にグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている理由についてまとめてみました。

グリチルリチン酸ジカリウムとは?

グリチルリチン酸ジカリウムは、古来から薬草のように使われる甘草(カンゾウ)という植物の主成分です。いくつか表記方法があり、グリチルリチン酸ニカリウム、グリチルリチン酸K2、グリチルリチン酸2K、グリチノンK2と表記されているものは全て同じ成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果

甘草が薬草として使われてきたのは、グリチルリチン酸ジカリウムに抗炎症作用や抗アレルギー作用があるため。これまで、炎症治療の薬として使われてきた歴史があります。

では、育毛剤に使われるのはなぜでしょうか?それは、グリチルリチン酸ジカリウムが、頭皮の炎症を防ぎ、フケやかゆみを予防することができるからです。

頭皮の皮脂が多くなると、雑菌が繁殖しやすくなります。この雑菌が炎症を引き起こし、髪の毛の発育を阻害してしまいます。また、乾燥肌の場合も、雑菌に対する耐性が弱くなり、皮膚のダメージによってやはり雑菌が繁殖してしまいます。

グリチルリチン酸ジカリウムには、高い殺菌作用があるため、雑菌の繁殖を防ぎます。これによって頭皮が清潔に保たれ、頭皮環境が良くなることで、髪の毛が生えやすい状態を作ることができるのです。

また、グリチルリチン酸ジカリウムにはマクロファージ(白血球の一種)を活性化させる作用もあります。マクロファージはウイルスや細菌を捕食してくれるため、頭皮環境の改善を導いてくれます。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されている育毛剤は?

以上のような理由から、グリチルリチン酸ジカリウムは育毛剤に配合されることが多くなっているようです。

育毛・発毛に欠かせない成分、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているおすすめの育毛剤をまとめているページもぜひご覧ください。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されていて
育毛・発毛効果があるオススメの育毛剤はこちら>>