育毛シャンプーは効果なし?TOP » 要注意!危険な副作用の可能性がある育毛剤成分

要注意!危険な副作用の可能性がある育毛剤成分

副作用があると言われている育毛成分、育毛剤について、その効果と危険性を調査しました。

安心して使える?危険な副作用のある育毛剤成分リスト

育毛シャンプーや育毛剤は、世の中に数えきれないほど存在します。配合されている成分の種類となると、さらに多いことは言うまでもありません。しかし、その中で、医学的に育毛・発毛に直接効果があるとされている成分はごくわずか。

そのため、効果の高い育毛剤はとても人気があり、利用者も多いようです。ところが、これらの育毛・発毛成分の一部には副作用の危険性があるということをご存じでしょうか?知らずに使っていると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

こちらでは、育毛剤としてポピュラーでありながら、副作用の強いとされているものをリストアップして紹介します。

プロペシア

抜け毛・薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑えてくれるプロペシア。発毛効果は認められていますが、ホルモンバランスを変えてしまうため、性欲減退や勃起障害、女性化、肝機能障害、うつ症状などが見られます。

ミノキシジル

本来は血圧降下剤として開発されたミノキシジル。服用した患者に多毛症が見られることから、育毛剤として人気を集めるようになりました。

血圧降下剤ですから、血圧に問題がない人が使用すると低血圧を招くことになります。また、毛が生えるのは頭だけではないので、意図しない部分が毛深くなってしまうことも。それだけでなく、血管を拡張して皮膚の成長が促されることで、肌荒れやニキビなどの問題が生まれることもあります。

さらに、まだ因果関係は証明されていないものの、性欲減退や勃起障害などが認められています。

フィンペシア

フィンペシアは、インドの製薬会社であるシプラ社が開発している商品。プロペシアのジェネリック薬品なので、基本的には同じ効果があります。

同じ効果があるということは、副作用についても同じものが発生してしまいます。安価なので非常に人気がありますが、副作用を考慮せずに使っているケースが多いのではないのかと思います。

ホントにこの育毛剤じゃなきゃダメなの?

これらの育毛剤は、副作用があると知ってしまうと、使うのが怖くなりますよね。

最近では、これらの育毛剤と同等の効果がある天然由来成分が多く見つかっています。これらを配合した育毛剤なら、副作用の心配もなく安心して使うことができますよね。

そういった、安全性の高い育毛剤をピックアップしてまとめていますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

副作用の心配がない安全な育毛剤はこちら>>