育毛シャンプーは効果なし?TOP » 要注意!危険な副作用の可能性がある育毛剤成分 » ミノキシジル

ミノキシジル

発毛効果の高いミノキシジル。その副作用と危険性について調査しました。

発毛効果の高いミノキシジルだが副作用に要注意!

発毛効果が医学的に認められているミノキシジル。薄毛や抜け毛にお悩みの方には心強い味方ですが、実は副作用があることも指摘されています。使用する場合は、十分に注意が必要です。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、もともと降圧剤として開発されたもの。その副作用に多毛症が認められたことから、育毛剤として使用されるようになりました。

近年、ミノキシジルには毛母細胞の活性化作用があるということが分かってきました。毛母細胞の死滅を抑え、また毛乳頭細胞からの血管内皮増殖因子の分泌を促す効果があるようです。

毛母細胞が増え、また血管内皮増殖因子によって毛根に栄養が届きやすくなることで、発毛効果があるのだといいます。

さらに、もともと降圧剤として開発されているので、血流の増加作用もあると考えられます。

ミノキシジルの副作用

では、そんなミノキシジルにはどんなな副作用があるのでしょうか?

低血圧

血圧を下げるための薬ですから、血圧が正常な人が使用すると低血圧になる可能性があります。

多毛症

発毛効果は間違いなく認められていますが、それは頭だけに限ったことではありません。

髭や胸、腕、足など、意図しない部分の毛が濃くなったり、多くなったりする作用があります。毛深くなるのが嫌な人にはツラい作用です。

ニキビ・肌荒れ

血管拡張効果によって、皮膚の成長が促進されるミノキシジル。肌の成長は大切なことですが、それによって皮脂の分泌が過剰になり、ニキビができたり、肌が荒れることがあります。

性欲減退・勃起不全

直接の因果関係はまだ証明されていないようですが、性欲がなくなったり、勃起しにくくなる作用があるようです。また、女性の不妊なども報告されています。

副作用のない育毛剤を使用しよう!

髪の毛は多くなるものの、低血圧で気力がなくなり、毛深くなり、性的にも弱くなってしまう…そんなミノキシジルは、メリットもある一方でデメリットも大きいことがわかりました。

最近では、こういった副作用の心配がなく、同等の育毛発毛効果が期待できる育毛剤も増えています。

副作用のない安全な育毛剤を紹介しているので、そちらも合わせてご覧ください。

ミノキシジルに代わる副作用の心配がない育毛剤はこちら>>